IT系の仕事にオタクは向いてるのか?

ゲームをする外人

オタクとは、好きな分野に特化して深い知識を持った人です。それが、仕事の分野とマッチすれば、非常に面白い成果を残すことができるはず。その知識に対して仲間から厚い信頼を得ることができるでしょう。

そうした観点から、オタクであってもIT系の企業は歓迎していると私は考えています。ここで、「オタクであっても~」という言い回しをしたのは、オタクでなくても歓迎している、という意図です。

オタクは技術職での活躍が期待される

パソコンで文字を打つ

IT系の仕事を営業職、技術職に分けるなら、営業職での活躍には、あまり期待がかかりません。オタクが期待されるのは技術職での活躍です。

営業職は多くの人と一緒に楽しく過ごせることが何よりも重要になります。多くの人に物(IT系でいえば、システムやソフト等)を売らなければならないからです。

そういった場では、色々なタイプの人間とコミュニケーションをとる必要があり、浅くとも幅広い知識が必要になります。これは、好きな分野に特化して深い知識を持つオタク思考と反してしまっています。

実際には、オタクにも色々なタイプの人がいると思うのですが、少なくとも企業側はそういった捉え方をすることが多いと感じますので、IT系の仕事においては、技術職での期待が高いでしょう。

オタクであっても人付き合いは必須になる

企業 一つ気を付けなければならないことがあります。それは、オタクであっても人付き合いは必須になる、ということです。企業に入った場合、仕事は決して一人では行いません。

例えばプログラミングの仕事であっても、そのプログラムを実際に作成する担当の他に、プログラミングのスケジュールを管理する人や、品質を管理する人がいます。その中で仕事していくにはやはり、人付き合いが必要になるのです。

例えば、プログラミングのスケジュールがタイトな時、仕様の実現が困難な時、それを相手に揉め事がないように伝えなければなりません。

その際には、「伝えるタイミング・誰から・どいう経路で伝えてもらうか」まで考える必要が出来るため、人付き合いの技術が必要になってくるのです。

係長に伝えるか、課長に伝えるか(役職に関わらずかもしれませんが)誰にそれを伝えるかで社内での伝わり方も変わってきます。

その時に必要な資料の内容等も、また変わってきます。それらを総合的に考慮して、自分が発する情報がどうすれば上手く相手に届くか、考えなければなりません。

人付き合いの技術がなくては、たちまち揉め事だらけになってしまい、仕事は成り立たないのです。仕事が上手くいかなくなれば、会社における居場所を無くしてしまいます。

人付き合いの能力は働きながら身に着けていけば良い

転職 人付き合いに自信がなくても、人付き合いは働くことで自然と身についていきます。

会社に入りたての頃は、一担当からスタートします。

先ほど挙げたプログラム作成の業務を考えた場合でも、最初はそのスケジュール管理や品質管理に関する社内調整は、会社の先輩が行ってくれるのです。ですので、先輩を通して人付き合いを学ぶことができます。

大切なのは、人付き合いを自分から望むという姿勢、つまり人を好きだという気持ちではないしょうでか。

ゲームで学ぶでプログラミング



プログラミング技能はIT社会の中でも必須と言えるスキルです。2020年からは小学校でも必修化される事が決まりました。

そんな子供向けに開発されているのがマインクラフトを利用したプログラミング学習!

ゲームをしながら自然とプログラミングの基礎を学べるので、子供からゲームが好きな大人まで幅広く学ぶことができます。

プログラミングって何なの?という方は一度、無料体験を受講されてはいかがでしょうか。

公式サイト⇒D-SCHOOLオンライン

今だけ!14日間の無料体験実施中!