2018年アメリカでのIT業界の動向と求人状況

it業界

2017年の情報技術は好調な年となりました。CompTIAのコンセンサス予測は、2018年に世界の技術部門全体で5.0%の成長でした。すべてが適切に機能していれば、予測成長率を7%以上に押し上げる可能性があります。IDCによると、世界のIT投資額は2018年に4兆8000億ドルに上り、米国は1兆5,000億ドルの市場規模を占めています。

2018年のトレンド

2018年のトレンドはテクノロジーを中心に展開されていますが、これは実際の大きな図の1つの側面に過ぎません。

1.技術の民主化が画期的なモデルにつながる
2.クラウドは新しい成熟段階に入る
3.ものがテクノロジーの足跡を拡大
4.人工知能が新しいレイヤを追加する
5.標準のセキュリティに適応する企業
6.技術がもはや自動的に利益を受けることはない

グローバル情報技術(IT)産業

リサーチコンサルタントであるIDCによると、2017年には世界の情報技術産業が4.5兆ドルを超えました。今後の成長期待が実現すれば、支出は4兆8000億ドルになるだろう。

米国は世界最大のテクノロジー市場であり、全体の31%、すなわち2018年には約1兆5千万ドルを占めています。米国や他の多くの国でも、技術部門はGDPの最も重要な貢献者の1つです。

総じて、日本、中国、オーストラリア、インド、周辺諸国を含むアジア太平洋地域が全体の3分の1を占めています。APECは、中国やインドなどの国々の台頭や欧州やその他の市場での成長率の低迷を背景に、世界IT市場のシェアを拡大​​しています。2032年までに、中国は世界最大の経済を主張すると予想されています。

求人動向の推移

ソフトウェア開発スキルに対する需要は、IT業界で最も大きなカテゴリーであり、最も急速に成長しています。ソフトウェア以外にも、ITサポート、CIO、サイバーセキュリティアナリストなどのカテゴリは、デジタル変換を求める組織のニーズを反映して勢いを増しています。

情報技術者 2017の求人 前年比変化率
ソフトウェア開発者、アプリケーション 898,689 3.4%
ITサポートスペシャリスト 733,210 2.2%
システムアナリスト/システムエンジニア 649,390 2.0%
ソフトウェア開発者、システム 454,735 2.4%
コンピュータおよび情報システム管理者 405,314 2.7%
ネットワークおよびコンピュータシステム管理者 403,294 1.3%
コンピュータプログラマ 341,388 0.1%
その他(ITプロジェクト管理者、ソフトウェアQA、ゲームなど) 322,810 2.3%
Web開発者 264,238 2.8%
ネットワークサポートスペシャリスト 224,159 1.5%
ネットワークアーキテクト 170,700 1.3%
コンピュータ、ATM、オフィス機器修理業者 159,733 -1.1%
データベース管理者 122,162 1.7%
サイバーセキュリティアナリスト 101,051 2.5%
コンピュータハードウェアエンジニア 75,439 1.1%
情報/データ研究の科学者 28,716 2.0%
合計 5,355,029 2.1%

求人は2015年からは下落傾向

求人動向

求人情報は2015年の最高点から下がっているものの、技術才能を積極的に採用している雇用者の数は健全な範囲にとどまっている。2017年には、米国の雇用主によって230万件近くの求人が公開されました。

ゲームで学ぶでプログラミング



プログラミング技能はIT社会の中でも必須と言えるスキルです。2020年からは小学校でも必修化される事が決まりました。

そんな子供向けに開発されているのがマインクラフトを利用したプログラミング学習!

ゲームをしながら自然とプログラミングの基礎を学べるので、子供からゲームが好きな大人まで幅広く学ぶことができます。

プログラミングって何なの?という方は一度、無料体験を受講されてはいかがでしょうか。

公式サイト⇒D-SCHOOLオンライン

今だけ!14日間の無料体験実施中!