IT企業って何をする仕事なの?分かりやすく解説

it

そもそもITとは?

ITとは、「Information Technology」の略で、日本語で言うと「情報技術」のことです。

主にコンピュータのハードウェア・ソフトウェアからシステムの構築や、情報通信関連のインフラ技術などを指します。

また、

  • 仕事のデジタル化
  • PCやタブレット
  • スマートフォンなどの情報機器
  • インターネットなどを利用した『業務効率化』

これらを実現する技術を指すこともあります。

ITからICTの時代へ

近年ではITからICTの時代へ変化したと言われています。

ICTとは、「Information Communication Technology」の略称で、和訳すると「情報通信技術」です。

明確に区別がされているわけではありませんが

  • IT:コンピュータ関連の技術そのものを指す。
  • ICT:IT技術の活用方法を指し、特に『人と人とのコミュニケーション』に重点を置いている。

例を挙げると、

  • IT:インターネットやパソコン、タブレット端末などの情報端末やインフラ。
  • ICT:ITを利用した遠隔地の医療支援、教育現場で教科書がわり、など。

といった感じです。

IT系の職業一覧

IT系の職業にはどのようなものがあるのでしょうか。
一般的なものとして、次のような職業が挙げられます。

プログラマー
システムエンジニア
セキュリティエンジニア
ネットワークエンジニア
データベースエンジニア
Webデザイナー
データサイエンティスト
システムアナリスト
ITコンサルタント
SEOコンサルタント
CGデザイナー
・ソリューションセールス
セールスエンジニア
プロジェクトマネージャー
テスター

などなど。

IT企業における主な仕事内容

主な業務として

オフィス

  • プログラミング
  • ネットワークやサーバーなどの設定・保守
  • クライアントと打ち合わせ
  • 営業
  • チームの管理

などと仕事内容は様々、ただし実務では複数の仕事を兼任することが多いです。

例えば、システムエンジニアという職業だけど仕事内容としてはプログラマー、テスター、プロジェクトマネージャーのようなことをしている。といった具合です。

職種と仕事内容は企業によってそれぞれ異なるので、確認してみましょう。

SEの具体的な業務内容

おそらくIT系で最も一般的な職種なのがSE(システムエンジニア)です。では具体的にSEはどういう仕事をやっているのでしょうか。

一般的にシステムエンジニアはソフトウェア開発において、その開発プロジェクトや開発チームの管理を行います。

加えて、

  • クライアントとの打ち合わせ
  • それに伴ったプログラムの設計書を作成
  • 自身でプログラムを担当
  • 完成したプログラムのテスト

などを行う場合もあります。

(SE)1日の業務の流れ

とあるSEの1日を見てましょう。

09:00 出社、打ち合わせ準備
10:00 外出(クライアント先打ち合わせ)
12:00 昼食
13:30 帰社、プロジェクト会議
14:30 クライアント問い合わせ対応
16:00 プログラム作成
17:30 進捗報告
18:00 やり残した仕事を片付ける
19:30 退社

企業によって仕事内容は異なります。納期付近やクライアント先でのトラブル対応などで残業が長くなることもしばしば。

最新のITトレンド

日々進化するITの世界。

Amazon EchoGoogle Homeの登場により、声で家電を操作するといった近未来的な生活もすぐそこまで来ています!

ここで最新のITのトレンドについて見ていきます。

IoT「モノのインターネット」

IoT

「Internet of Things」の略称で、「モノのインターネット」と訳されます。

スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスを筆頭に、建物・電化製品・自動車・医療など幅広い分野で活用されています。

IoT搭載の冷蔵庫は中身を把握し、スマートフォンと連動して買うべきものを知らせてくれたり、会話をして献立の提案もしてくれます。

AI(人工知能)

ai

「Artificial Intelligence」の略称です。人間のような知能をコンピュータで実現しようという概念。明確な定義はありませんが、人間が使う言語を理解したり、経験から学習していくのが特徴です。

人工知能を搭載した囲碁ソフト「AlphaGO」がプロの棋士に勝利した話は有名です。

家電にもAIが搭載されたモデルが続々と開発されています。

AIが搭載されたエアコンは、「アイロン付近は暑くなり、窓際付近は寒くなる」と予想し、こちらが温度を設定しなくても自動でその場に適した温度に調節してくれます。

FinTech(フィンテック)金融×IT技術

FinTech

「Finance(金融)× Technology(技術)」
金融とITを掛け合わせた領域のことです。

とても幅広い分野で、専門的な技術となるので詳しい説明は割愛しますが、既に日本国内でも様々なサービスや技術開発が行われています。

例えば、
・銀行と連携して支出と口座残高から自動で資産管理をする
・AIを利用して投資する
・ソーシャルレンディングで資金調達
・個人間での送金
・仮想通貨の取引
などです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今やパソコンを使わない仕事なんてほとんど無いのではないでしょうか。
ITは必要不可欠で、便利で暮らしやすい生活の鍵となっています。

ITの世界は日々技術革新しており、それによって企業の仕事も、エンジニアの仕事も時代によって変わっていくかもしれません。

変化の激しい業界だからこそ最新情報を常にキャッチし、柔軟に対応できることが大切です。

この記事を書いた人:らすかる☆(男性 / 20代後半)

現在フリーでSEをしております。
幅広い業界向けの業務システム開発を行っております!

ゲームで学ぶでプログラミング



プログラミング技能はIT社会の中でも必須と言えるスキルです。2020年からは小学校でも必修化される事が決まりました。

そんな子供向けに開発されているのがマインクラフトを利用したプログラミング学習!

ゲームをしながら自然とプログラミングの基礎を学べるので、子供からゲームが好きな大人まで幅広く学ぶことができます。

プログラミングって何なの?という方は一度、無料体験を受講されてはいかがでしょうか。

公式サイト⇒D-SCHOOLオンライン

今だけ!14日間の無料体験実施中!